西オーストラリア パースからこんにちは!
by sunsetdreams
ホームページへGO! >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
あわや2回目のぎっくり腰と体のバランス
昨年の1月にぎっくり腰に近い状態になり、2・3週間程とても辛い思いをしたのだが、今年の3月後半に同じように強烈な腰の痛みを感じてとても嫌な予感がした。

2年前に右膝の半月板損傷をやった時しばらく手術ができず、約8ヶ月間、右膝に体重をかけないようにするうちに変な癖がついてしまい、更にバランスが悪くなっていたようだ。
おまけに普段あまり良くない姿勢でコンピューターに向かう時間が長く、サッカーで急激に激しく体を使うことも影響したのかもしれない。

動けなくなることで仕事に差し支えることは勿論だが、1月から始まったサッカーのプレシーズンでは1回も休むこともなく、久々に絶好調だったので、公式戦が近づいてきたこともあり、また離脱してしまうことへの危機感を感じ、前から友人や知人に聞いていた鍼と整体に初めて行ってみた。

お蔭様ですぐに歩ける状態になり、先日12日間で3回目の治療を受け、随分楽になってきた。
その間残念ながら練習は勿論、練習試合と公式戦のカップ戦には出られなかったが、明日から始まるリーグ戦初戦には、もしかしたら出られるかもしれない。
と言っても所詮おっさんなので無理はできないし、悪化させてしまうのも怖いので、あせらず様子を見ることには変わりはない。

治療だけでなく、体のバランスを保ちながら早いペースで歩くことが大切だと教えていただき、先日意識しながら、ややぎこちない歩き方ながらも、とても気持ち良く散歩できた。
歩くことは健康に良いことはわかってはいても、仕事や生活に追われ、なかなか時間が取れず、たまにしかできなかったのだが・・・今回のことで今後は体のバランスを保ちながら歩くことが楽しめるような気がしてきた。
[PR]
by sunsetdreams | 2011-04-10 00:34
手作り大型カタマランでサンセット・クルーズ
小学校での募金活動を終えた日の午後、いつものように向かいの家の子供が遊びに来ていたのだが、そのお父さんが夕方から我々家族をインド洋でのセイリングに誘ってくれた。

彼はローカルのサーファーで、長年オリジナル・ブランドのサーフボードのシェーパーとしても有名なのだが、とてもフレンドリーで10年以上に渡って素晴らしい隣人でもある。

何でも自分でやってしまう尊敬すべきオージーで、車の修理は勿論、6年前程には大きなベットルームやバスルーム、ラウンジを含む約80㎡ほどの家の増築や新しいキッチン、床を含む家全体のリノベーションを奥さんやサーファー友達に手伝ってもらいながらも、ほぼ1人でやってのけた。

ビーチより波が大きく、きれいに入るポイントブレイクを求めて、昔から沖合いのリーフでサーフィンする為にボートを持っていて、これまで4艇ほど買い換えては友達数人でしょっちゅう出かけていた。
4・5年ほど前に今度はバリまで行ける様な大型のカタマランを作ると話していて、その後完成して、ヒラリーズ・ボートハーバーに停泊させて、頻繁にロットネスト島に行っていると聞いていたのだが・・・突然その手作りヨットに乗せてもらうことになった。

34フィートのカタマランの内部は4ベットルームにラウンジがあり、とてもリラックスできる。高いマストにセイルを張ると、風を受けて気持ち良く走り出す。
とにかくデザインから、全てを自分でやってしまうのは驚異的だ。

デッキでビールを飲み、音楽を聞きながら風に吹かれるのは最高に気持ち良い。
ウインドサーフィンで沖に出たときとは、当然ながら全く異なるリラックス感が味わえる。外洋に出てしばらく舵を切らせてもらったが、風が上がってきてやや緊張した。
随分昔モルディブでウィンドやカタマランを教えていたことを思い出した。

サーフィン、ウィンドサーフィン、セイリング、ダイビングetc・・・海が好きで海で遊ぶ為に人生を楽しんでいる彼の手作りヨットで、インド洋の夕陽をバックにセイリングさせてもらって、とても嬉しい気分になった。

疲れてはいたが、嬉しい気分のまま、勢いに乗ってその夜はスビアコにお寿司を食べに出かけてしまった。
d0138104_0313696.jpg

[PR]
by sunsetdreams | 2011-04-03 22:16
小学校のマーケットでの募金活動
子供が通う小学校で2週間に1度、週末に小さなマーケットがオープンするのだが、生徒の母親でマネージャーを務める女性から、かみさんに日本の被災者への義援金を募るお店を開いてはどうかという提案があった。

それぞれ学校は違うのだが日本人の母親友達数人に相談し、皆でアイデアを出し合い、ただ募金してもらうだけではなく、折り紙やその他の手作りの作品をを商品として買ってもらうことや日本への願いごとを紙に書いてもらい、Wishing Treeに結びつけ、協力してくれた人全てに折鶴をプレゼントすることになった。

マーケット開催を控え、日本人の母親7人が朝から我が家に集合し、午後にそれぞれの学校への子供達のピックアップの時間まで、わいわい賑やかに、いろいろな折り紙を一所懸命に心を込めて作ってくれたようだ。内職として持ち帰ってくれたり、数日後の子供達の日本語教室の合間にも折ってくれたり、皆、日本の為に、心を一つにして気持ち良く協力してくれた。
同じ日本人なのに不器用な私からすると、とても紙で作ったものとは信じられないほど、複雑で難しそうだが、どれもきれいな彩りで形も美しい。

いよいよマーケット当日となり、私は子供を連れてやや遅れて行ったのだが、着物を着た日本人女性フルート奏者が奏でる日本の曲がバックに流れ、折り紙の駒、蝶のマグネット、チョコのイースターエッグ付きのエッグスタンド、和紙で作った箸・ナイフ&フォーク入れ、和風しおり、水ヨーヨー、生花等が美しく並び、結構人が集まっているので、びっくりしながらも嬉しくなった。

更に驚いたのは、最高学年のYear 7の生徒数人が浴衣を着て、マーケット全域で募金箱を持ち義援金を集めてくれていた。

高価な花代を負担して生花を作ってくれた友人、浴衣やはっぴを用意してくれたオージー女性、折り紙を手伝ってくれただけでなく、テーブルやクロスを貸してくれたり、当日も駆けつけてくれた人達をはじめ沢山の人達の協力があって、3時間の間に目標額を大幅に超える金額が集まった。

腰を痛めていた私はほとんど役立たずだったが、今回の出店に協力してくれたり、募金してくれた全ての人達にとても感謝するとともに、ささやかな義援金だが、かみさんや全員の気持ちと愛が被災者に伝わることを心から願ってしまう。
d0138104_029450.jpg

[PR]
by sunsetdreams | 2011-04-02 23:49