人気ブログランキング |
西オーストラリア パースからこんにちは!
by sunsetdreams
ホームページへGO! >>
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
オーストラリア人の愛国心とプライド
9月29日付けイギリスのThe Economistの記事によると調査を行った世界33カ国中、自分の国に対する信頼・称賛・尊重・誇りが最も高いのはオーストラリアで最も低かったのは日本だったそうだ。

日本は歴史が長く、地形的にも固有の文化を保ってきて、四季があるとても美しい国で、長年海外で生活していることもあってか個人的に日本人とか日本のいろいろなものに関して、とても繊細で素晴らしいと絶賛したくなってしまうのだが・・・。

オーストラリアでは特に国や政府への忠誠心を押し付けるような教育をしているわけでなく、バックグランドが異なる移民が多く、近年ではそれぞれの言葉や文化、宗教や信仰等を尊重しながら、それらを国の財産として各家庭で維持していき、皆が仲良く暮らせる多文化社会を目指していることに大きな特徴があるのだと思う。

随分前にクィーンズランドで山歩きをしているときに出会った地元のオージーとの立ち話を思い出した。海外へ旅行したり、仕事したり、生活して、久々に自分の国へ帰ってきた時に大地にキスしたくなるほど嬉しくなり、率直にオーストラリアは何てラッキーな国で自分達は何て幸せなんだろう!と感じてしまうそうだ。
確かに広大な国土に豊かな資源があり、温暖な気候で環境も素晴らしく、政治・経済も安定し、そこで育った人々は寛容だ。

少年少女達がオーストラリアや世界のいろいろな場所を背景に"I still call Australia home"という曲を合唱するカンタスのコマーシャルが97年頃から始まって以来、オージーの愛国心を表現する典型的な例として評判になり今でも頻繁に流れている。
曲の作者はブロードウェーで活躍し92年に48歳で亡くなったオージーのミュージシャンPeter Allenで、カンタスのコマーシャルが始まるかなり前にテレビで彼のドキュメンタリーを見たことがあったので強烈な印象を持っていた。

遠く国を離れて世界のあちこちで暮らしているオージーの望郷の思いを歌っているのだが、オリンピックや様々なイベントでも歌われたり、移民である私なりのオーストラリアへの気持ちと重なってこれまで数え切れないぐらい泣かされてきた。

スポーツやイベントでナショナルカラーのグリーン&ゴールド(何らかのスポーツの代表チームのユニフォーム)を着込み、国旗をまとい、空気で膨らんだビニールのカンガルーを抱えた集団が「オージーオージーオージーッ!オイオイオイッ!」と叫ぶ姿もおなじみだが、ほとんどの場合、彼らは明るくフレンドリーでハッピーそうだ。
by sunsetdreams | 2009-10-10 12:43
オーストラリアで最も値段が高い住宅地
先日ニュースでオーストラリアで最も高い住宅地の話題がでていて、ベスト10の中で何と以前私が生活していたパースのウェスタン・サバーブといわれるビーチに近い西側の4つの地域が上位を占めていてびっくりした。

1位のCottesloeはパースの人気ビーチだが、個人的にはメインビーチの南にあるDutch Innと呼ばれるリーフがパースでの代表的なウェーブセーリングのポイントなので昔から毎日のようにウインドしたり、泳いだり、散歩したり、夕陽を見たりしていたが、不動産の中間価格は1999年からほぼ5年毎に倍になり、現在はA$2millionになっているそうだ。

3位に入ったNedlands(A$1.75million)にもしばらく住んだことがあり、UWA(西オーストラリア大学)やスワンリバーがありパース中心部にも比較的近く、ビーチにも行きやすい。高級住宅地だが、学生も多いのでカジュアルでもある。当時UWAの学生達とシェアしていた家で私の部屋は週A$60だった。

5位のMosman Park(A$1.52million)は前述したDutch Innでウインドをする為に結構長く住んだが、スワンリバーもビーチも歩いて行ける素晴らしいロケーション。昔は安めのアパートやマンションが結構あり、当時私が住んでいた家具付き1ベットルームの家賃はA$55から始まり、同じ建物内にあるユニットがA$30,000ぐらいで売りに出ていた。今では冗談みたいな値段だ。

CottesloeとMosman Parkはフリーマントルに近いビーチやスワンリバー沿いで、街に近いスワンリバー沿いのNedlandsとの中間にあるのが7位のClaremont(A$1.35million)。結構お店が多いのでよく買い物に出かけたり、当時のECU(Edith Cowan University)Claremontキャンパスでもよくサッカーしていた。

ベスト10のうち上記のパースの4地域以外は全てシドニー周辺を含むNSW(ニューサウスウェールズ)州らしい。オーストラリア最大の都市であるシドニーが高いのは想像できるが、どうして地方都市のパースがこんなに値上がってしまったのか?

西オーストラリア北部の鉱山や海底のガス田を中心に天然資源が豊富で特にこの10年パースをはじめ西オーストラリアの経済が絶好調だったことで様々な物価が急激に上がったことや自然災害が少なく、気候が温暖で暮らしやすいことも影響しているのかもしれない。
パース全体の中間価格自体もA$450,000まで上がってきているが、以前私が生活の場としていた上記4地域の桁外れな価格は全く庶民的ではなくなってしまった。
もはやその地域に住むことは現実的ではないが、沢山の思い出があり、今でもやっぱり好きな場所であることに変わりない。
d0138104_1229559.jpg

by sunsetdreams | 2009-10-07 21:52
ワイルドフラワーと春の集い
今年の冬の雨は量的には例年以下だったが、比較的こまめに降ったようで、現在のパース郊外のダムの貯水率はここ数年間で初めて50%を越えている。
春に咲くワイルドフラワーの美しさは冬の雨量で決まってしまうほど大きな影響があるので、今年も期待しながらキングスパークに行ってきた。

スクールホリデーとロングウィークエンドが重なったうえ、暖かく素晴らしい天気だったこともあり、沢山の人達で賑わっている。
例年どおりワイルドフラワーの苗、ドライフラワー、絵や工芸その他の関連商品を扱うブースが設けられたり、ガーデニング関連のワークショップが開催されていたり、満開の花に囲まれとてもリラックスした雰囲気でジャズコンサートも無料で開催されていた。

お客さんで都合が良い人達が集まり、ワイルドフラワーを見た後に、広大なキングスパークの反対側にある公園の湖のほとりに移動し、BBQをしながら大人も子供も一緒に楽しんだ。小春日和の陽気がすごく気持ち良かった。
d0138104_1253188.jpg
d0138104_1264681.jpg
d0138104_128984.jpg
d0138104_129155.jpg
d0138104_1295795.jpg
d0138104_12104369.jpg
d0138104_12112334.jpg
d0138104_12115262.jpg
d0138104_1212273.jpg
d0138104_1213079.jpg

by sunsetdreams | 2009-10-02 22:06