西オーストラリア パースからこんにちは!
by sunsetdreams
ホームページへGO! >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ホッケー留学 元チームメート達とのパースでの再会
4月から長期ホッケー留学に来ている15歳の選手の友達で元チームメートでもある男子選手2人がそれぞれ別々に短期でのホッケー留学に挑戦した。
滞在中に可能な限り多くの練習を取り入れたいというリクエストでクラブの異なる年齢別の2つのチームの練習やリーグ戦に特別に参加させてもらった他、練習日が異なる別のクラブのセッションにも参加させてもらったり、現役のオーストラリア・西オーストラリア代表選手2人による専属トレーニング・セッションもコーチしてもらったので、体力的にも大変だったと思う。

ホッケー界では世界最高峰のレベルにある西オーストラリアのリーグで、短期ながらも2人とも持ち味を発揮して得点も記録し、攻守に渡って活躍し、十分チームにも貢献してくれた。
今回所属したクラブの異なる2チームのコーチ達からも2人がシーズンを通してプレーしてくれたら良かったのにというコメントをいただいた。

最終戦は偶然にも長期留学の友達が所属するチームとの因縁の対戦となり、公式リーグでの日本人対決が実現した。
さすがに長期できている友達はホッケーも英語も飛躍的に伸びていて、最後の試合でも素晴らしい個人技ゴールを決めていた。

仲の良い友人同士で元チームメートでもある3人だが、それぞれが別々の学校で英語を勉強し、異なるホームステイに滞在し、お互いに刺激を受け合いながら成長した姿は素晴らしい。
全てが順調だったわけではなく、途中で体調を崩したり、慣れない環境や英語での生活にストレスもあったことと思うが、友人同士で励まし、助け合い、ホームステイ・ファミリーのサポートもあり、それぞれホッケーをすることで元気になっていた。
ホッケーを通して様々な人達に出会い、視野が広がり、今回のパースでの出来事全てが素晴らしい経験になったようだ。
d0138104_16403824.jpg

by sunsetdreams | 2009-08-25 21:19
親子留学
小学生の頃読んだノストラダムスの本で1999年に人類が滅んでしまう予言を知り、当時から子供心に何となく逆算し、自分が結婚して家庭を持ったとしても子供の成長振りを見ることはできないのかもしれない、なんていうイメージを持ったことを覚えている。

サッカーやウインドに熱中したり、自分の夢を追いかけて長年海外で生活してきた私がパースで子供を授かって以来、それまで知らなかった新しい世界を知り、子供を中心に家族で一緒に学びながら成長していける喜びを感じながら、愛や夢が大きく広がったことはとても感動的だ。

幸いノストラダムスの予言は的中せずに21世紀を迎え、国際化による英語教育の低年齢化や少子化の流れの中で、親と子供が一緒に学ぶ親子留学が最近のブームにもなっている。

短期、長期ともに親子での留学に挑戦しているバックグラウンドが異なる家族がたまに集まり、皆で公園、ビーチ、スワンリバー、ワイルドライフ・パーク等へ出かけてはBBQやピクニックをしたり、我が家で鍋をしたり、日頃は英語で頑張っている子供達もさすがに日本人同士ということで自然とすぐに仲良く遊び始める姿が微笑ましく、家族同士の交流は私達家族にとっても嬉しいイベントになっている。

偶然にもパースで子育てをしている私達家族の経験を活かすことができて、子供達は一緒に遊べて親同士もお互いに共感し合い刺激を受けたり情報交換をしたり・・・子供達を中心にまた新しい世界が広がってきたようだ。
d0138104_163442.jpg

by sunsetdreams | 2009-08-12 17:51
小学校・空手留学 9歳空手少女の挑戦
9歳の女の子が単身で短期小学校・空手留学に挑戦した。
3歳年上のお姉さんもやはり9歳の時にケアンズへ短期留学したそうだ。
滞在先のホームステイ・ファミリーの姉妹2人の年が近く、同じ小学校に通学したこともあり、常に家族の暖かいサポートが得られたようだ。
とは言っても日本の家族や友達と遠く離れた異国にたった1人でやって来て、小学校でもホームステイでも当然全て英語なので、ストレスや寂しさに打ち勝つのは大人でも結構大変なことである。

地元の空手道場で練習参加した際は、それら全ての心配や不安を忘れるかのように、言葉や文化の違いを乗り越え、すぐに打ち解けてとても楽しそうで、今回の滞在のハイライトであるかのように輝いていた。

最終日には親子留学で滞在中の同年代の子供達と一緒にワイルドライフ・パークでオーストラリアの野生動物達と触れ合い、皆で遊んだりBBQした後、まだ帰りたくないと言う彼女と私だけが空港へ向かった。「よく頑張ったね!」とハグをしてお別れし、笑顔で搭乗する彼女の姿を見送った後に思わず涙がでてきてしまった。
d0138104_1626392.jpg

by sunsetdreams | 2009-08-03 20:58