西オーストラリア パースからこんにちは!
by sunsetdreams
ホームページへGO! >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:未分類( 142 )
西オーストラリアからバリへ
西オーストラリアはオーストラリア最大の州で国土の3分の1を占める程(日本の7倍)広大な州だが、東部各州とは時差もあり、かなりの距離があるうえ、国内線の費用も高く免税品もなく、物価も高いので、昔から地元の人達のホリデーの行き先としてものすごい人気を保ち続けているのがご存知インドネシアのバリ島だ。

昔の同僚で7ヶ月に渡りルームメイトだったのがバリニーズで当時は彼からよくバリの話を聞いていたし、個人的に東南アジアは昔から結構好きで、バックパックを担ぎあちこちをまわったが、バリやジャカルタ等インドネシアは乗り継ぎで4・5回ほど、全て空港内のみだった。

パースから3時間半で行ける手軽さなので、典型的なオージーは海外旅行なのにタンクトップと半ズボンにビーチサンダルという超普段着のまま飛行機に乗り込んでしまう。

オーストラリアと比較して未だに物価が安いということもあり、美味しい料理や買い物を楽しんだり、あちこち観光したり、リゾートでくつろいだり、皆様々なスタイルでホリデーを満喫している。
80年代後半からの付き合いになる友人のオージー女性は20年ほど前にバリが好きになり、ジャワ出身でバリ在住の画家と結婚し、自らも画家となり、音楽を愛し、今も芸術家が多い内陸部のウブドでアトリエを持ち自然体で暮している。

去年を含め、これまで何回もパースで個展を開いていて、再会する度にバリに来いと言われていたが、今回やっと実現できた。
d0138104_1315878.jpg

観光が主要産業なのでウブドでさえ人が増え、昔とは随分変わってきたそうだが、アトリエや街から離れたところにある彼女のお気に入りのスポットを案内してくれた。
古い石の壁に刻まれた彫刻が印象的で川の流れる音のするその場所は周囲の緑の森と調和していて心が落ち着いた。
d0138104_1323324.jpg

昔ながらの生活を続けるその村の子供達と遭遇し、美味しいランチを食べた後、再度アトリエに戻り、まだまだゆっくりしたかったのだが、夕陽をバックに行われるケチャック・ダンスで有名なウルワツ寺院に行く為に急いで出発した。

ウルワツ寺院がある絶壁からの景色や夕陽もきれいで、ダンスもストーリーがあり結構楽しめた。
d0138104_1333363.jpg

d0138104_13443.jpg

d0138104_1342162.jpg

前日のホテルに続き、その晩もビーチ沿いのレストランで女性によるレゴン・ダンスがあり、バリ女性の踊る姿と独特の音楽が印象的だった。
d0138104_134596.jpg

滞在したリゾートも快適で、甘い香りのする庭園が素晴らしかったのだが、よく見ると何と我が家にもあるバリ原産の植物が8種類ほどあることに気づき、おそらく私達の前のオーナーがバリ好きだったのだろうと思い、何となくバリと繋がっているような気がして嬉しくなった。
d0138104_1354630.jpg

by sunsetdreams | 2012-09-27 01:37
オーストラリアで最も失業率が低い西オーストラリア州
オーストラリア統計局によるとオーストラリアの失業率は5.2%、西オーストラリア州は3.6%で1年半以上に渡って最も失業率が低い州として他州を引っ張っているそうだ。

ちなみに他州はニュー・サウス・ウェールズが5,2%、クイーンズランドが5.8%、ヴィクトリア、南オーストラリアは共に5.4%、タスマニアは6.2%、ノーザンテリトリーが4.1%、ACTが3.7%とのこと。

豊富な資源に恵まれ、鉱山産業を中心に10年以上に渡り好景気が続く西オーストラリア州だが、物価の上昇も顕著で徐々に人口も増え、常に新しいプロジェクトや建築が進み、私が最初にやって来た80年代とは考えられない程、近代的な都市になり、街も変わってきた。

昔は結構沢山の人が古くて汚い車に乗り、あちこちで故障しては皆で押して助ける光景を頻繁に見かけ、私自身も沢山助けられたり、助けたりしたものだったが、最近はそういったシーンに出くわしたことがない。

その頃に比べて人々の暮らしは時代と共に忙しくなりつうあるだろうが、家族や友人を中心に過ごすライフスタイルは基本的に変わらず、環境や気候の良さだけでなく、失業率の低さや政治や経済の安定もこの平和な社会を形成する大きな要素になっている。
by sunsetdreams | 2012-09-22 11:33
福島と北海道からパースへ
福島県の介護福祉士、柔道整復師、作業療法士、理学療法士を養成する専門学校のパース研修ツアーが3週間に渡り実施された。
2年前にもスワンバレーでのBBQでご一緒させていただいたが、昨年は震災の為に中止となり、今回は福島のメインキャンパスだけでなく、北海道キャンパスからの参加者も加わり、合計25名の学生さんと8名の先生方がパースに到着した。

学生さん達はパースの大学でそれぞれのホームステイファミリーに迎えに来てもらい、先生方はレンタカーでビーチ沿いの一軒家での自炊生活に向かわれた。

1週間後に皆でスワンバレーに行き、ワイルドライフ・パークでファームショーを楽しんだり、コアラ、カンガルー、ウオンバット等に触れ、沢山のオーストラリアの動物達と遭遇した後にBBQランチ。
成人の学生さん達なので早くもビールで盛り上がる。

天気予報では午後に激しい雨になっていたが、雨の間にチョコレート工場で試食をし、1軒目のワイナリーでは全員で乾杯し、試飲を楽しみ、何とか天気も持ち応え、皆さん上機嫌で2軒目へ。

2軒目では15種の試飲をし、太陽も出てきたので皆でワイナリーの広大な庭に出たのだが、酔った勢いからか突然デザートワインをバトンにして1人ずつ湖を1周するリレーが始まった。
女子学生や先生方も含めそのパフォーマンスと体力は素晴らしく、皆の爆笑を誘っていた。

2週目の週末はロットネスト島に行き、サイクリングに挑戦し、翌日の日曜も最高の天気の中、キングスパークでBBQを楽しんだ。

ホームステイでの生活や大学での英語研修も毎日続いたので、あっという間の3週間だったが、皆さんいつも協力的で素晴らしい笑顔で私に接してくれて、最終日に空港で1人1人と握手をしてお別れした。

チャンスがあればまたいつでもパースに遊びに来てくださいね!
by sunsetdreams | 2012-09-16 23:12
西オーストラリア州リーグ・カップ・ファイナル
私と子供が所属する近所のサッカークラブのファーストチーム(セミプロ)は昨シーズンの西オーストラリア州リーグのグランドファイナルでは惜しくも負けてしまったが、カップ戦では優勝していた。

今シーズンもカップ戦決勝に進み、2連覇をかけた試合会場はニュートラルのパース中心部に近いイタリア人コミュニティーが母体になっているクラブのスタジアムになった。
同じく決勝に進んだ相手チームもイタリア人が多く、アウェーに近い雰囲気だが、州リーグにしては2,500人の観衆が集まり、予想以上に盛り上がっていた。
d0138104_1183490.jpg

前半を2-1でリードして折り返し、後半早めに追加点を決めたので快勝ムードだったが、カウンターから2点を失い、何と3-3の同点に追いつかれ、試合は延長に突入した。

子供のコーチ2人がファーストチームの選手でこの日も奮闘し、延長後半には子供のチームメートのお父さんでもあるベテラン選手のコーナーから決勝点が決まり、見事にカップ戦2連覇を達成した。

気分も良く、試合会場に近い店でイタリアン・ピザを買って帰ることにした。
d0138104_119559.jpg

by sunsetdreams | 2012-08-30 21:45
オーストラリア ラクロス留学 2つのクラブでジュニアとシニアの練習参加
15歳の女子選手が短期ラクロス留学でパースを訪れた。
1週間しかないので、通常では不可能な異なる地域にある2つのクラブで特別にジュニアとシニアのそれぞれの練習に参加させてもらった。

軽快な動きで様々な練習をこなし、レベルが高いシニアの複雑なメニューもすぐに理解して、すごく楽しかったそうだ。

ホームステイから近い方のクラブのコーチから練習終了後に、週末の試合は出られるかと聞かれたが、残念ながらパースを出る日なので無理だったが、練習で実力を見たうえでのオファーだったので私も嬉しかった。

語学学校での最終日は仲良くなった友達2人とちょうど同じ日に卒業することになり、学校でのパーティーも楽しく終了。

パースに着いた日と出発する日には偶然ホームステイ先の男の子のラグビーの試合があったので家族と一緒に観戦し、到着翌日には雨の中、ジュニアとシニアのラクロスのリーグ戦3試合も観戦し、パースでの典型的なスポーツがらみの週末になったようだ。
d0138104_112329.jpg

by sunsetdreams | 2012-08-19 21:18
9つのチャンネルで楽しめたロンドン・オリンピック
オーストラリアは水泳をはじめ期待された競技で思うような活躍ができず、今回の金メダルは日本と同じ7つで総合10位(日本11位)となり、やや期待はずれという印象だった。

有料放送のフォックステルが今回初めてオリンピック専門チャンネルを8つ設けてくれたおかげで、民放1局と合わせ9チャンネルで常に何らかの放送があり、日本人選手の活躍も結構楽しめた。

その中でも男女で一緒に準決勝に進出したサッカーは本当に楽しめた。
残念ながらオーストラリアは男女とも予選で敗退していた為、オリンピックのサッカーに対するこちらのメディアでの取り扱いも日本とは程遠く、ほとんど話題にはなっていなかった。

とりわけ男子はオリンピック開始前までの日本の評価がいまいちだったことで、スペインに勝った後に一気に面白くなってきた。

私と子供が所属するクラブのファーストチーム(セミプロ)の試合を見ているとき、近くにいたバルセロナ出身の私のチームメートで、我が家の電機職人でもあるスペイン人の友人に「日本対スペイン、見た?」と聞いたときはとても嬉しかった。
彼は苦笑しながらも「日本は素晴らしいチームだし、ブラジルでのワールドカップも相当期待できるよね?」と話し、一緒に見ていたクラブのジュニア・コーディネーターも「明らかに今の日本は素晴らしいし、オーストラリアも日本のすぐ下のポジションをキープすることが大事だよな。」と日本を絶賛していたので更に嬉しくなった。

短い日程で男女共にどんどん試合があり、とても速いペースでオーストラリアにいながら頻繁に沢山の日本の試合が見られたことは最高だった。

男子は残念ながら準決勝から調子を落とし、竹島問題もでて、後味は悪くなってしまったが、皆良く頑張ったし、なでしこは実力的にも内容も素晴らしかったので金メダルが取れていたらすごかったが、銀メダルでも本当に感動的だった。

こんなに集中して男女のサッカーを沢山見ること自体初めてだったので、終ってしまうとすごく寂しいけれど・・・世界中から集まった全ての選手や関係者の方達、本当にお疲れ様でした!
リオではオージーのサッカーも一緒に活躍してくれると嬉しいな。
by sunsetdreams | 2012-08-18 22:37
オーストラリア ホッケー留学 クッカバラに祝福され中3コンビ大活躍
同じ中学のホッケー部の2人が、3年前の先輩3人に続き、パースへホッケー留学にやって来た。

語学学校では別々のクラスになったが、ホームステイやホッケーでは常に一緒だったので英語的には良くないのだが、ホームシックになることもなく、お互いに心強かった面も大きいと思う。

ホッケーをしている兄弟のいるホームステイに滞在したので、暇を見ては近所でホッケーをしたり、週末にレベルが高い試合の観戦に出かけたり、家でゲームをしたり家族と一緒に楽しめたようだ。

地元の名門クラブでの最初の練習が早朝だったので、まだ真っ暗な頃に迎えに行ったのだが、すぐに土砂降りの雨となり、誰もいない練習会場のターフにも水がたまり、2人ともおそらく水がひくには1日ぐらいかかるので練習は中止になるのではないかと心配していた。

徐々に選手と保護者が集まり、練習を始めると同時に小雨になった雨も朝日と共にあがり、心配されたターフの水も驚異的にひき始めた。
太陽の光が濡れた樹木を照らすときらきらと反射し、クッカバラ(ワライカワセミ)の泣き声が聞こえ、オーストラリア男子ホッケー代表チームの愛称がクッカバラ-ズだということを思い出した。
土砂降りの雨がクッカバラに祝福を受けたかのように一転して素晴らしく爽やかな朝になり、中3コンビは様々な練習メニューをこなし、最後のゲームでもそれぞれのポジションで活躍した。

元オーストラリア代表選手(クッカバラ)によるプライベート・コーチングを受け、毎回いろいろなスキルを練習し、クラブでは特別に年齢が上の別のチームの練習にも参加し、ナイターのリーグ戦にも出場させてもらい良い経験になったようだ。
d0138104_122773.jpg


該当する年齢のチームの試合ではフォワードとしてゴールやアシストを決めたり、守備の要としてそれぞれが異なるポジションで活躍し、チームにとって貴重な連勝に貢献した。
コーチやマネージャーをはじめ選手の保護者からも賞賛され、観戦した私達家族もとても嬉しかった。
d0138104_132892.jpg

by sunsetdreams | 2012-08-15 21:18
オーストラリア テニス留学 13歳テニス少年の挑戦
13歳の男子選手が単身で渡豪し、ホームステイに滞在し、語学学校で英語を勉強しながら、パースでのテニス留学に挑戦した。

テニスのプライベートレッスンを受けて得意技を強化しながら弱点の克服に勤め、地元のジュニア・エリート・プログラムにも特別に参加させてもらい、同年代の強化選手達とも打ち合い、互角以上に戦えたことは大きな自信になったようだ。

ちょうどロンドン・オリンピックのテニスの1回戦で日本のエース錦織圭がオーストラリアの若手のホープ、バーナード・トミックをストレートで破ったように、地元のオージーのジュニア相手に日本のジュニアが実力を発揮する姿を見るのはとても嬉しい光景だった。

予告無しに語学学校を訪れた際も休み時間に他国からの留学生と仲良く遊んでいたり、ホームステイでも男の子ながら年下の子供達と一緒によく遊んであげたようで、テニスだけでなく、英語でのコミュニケーションを頑張りながら、こちらでの生活も楽しめたようだ。
d0138104_058684.jpg

by sunsetdreams | 2012-08-13 23:14
オーストラリア・サッカー留学 インドア・クリニックとクラブでの練習
中学2年生のサッカー選手が2週間のサッカー留学にやって来た。
同じクラブでプレーする2歳上の選手宅でホームステイし、13歳ながらそのホスト宅の選手のU16チーム(西オーストラリア・プレミアリーグのU16チャンピオン)で一緒に練習し、コーチにバランスが良く、常にスペースを見つけてパスを受けようとする動きや技術の高さをを絶賛され、思わず私も最近マンチャスター・ユナイテッドへ移籍した香川選手を思い出してしまうほどだった。

プロ選手陣のコーチ達によるサッカー・クリニックでも常に良いプレーを続け、最終日には最優秀選手に選ばれ、サッカールーズ(オーストラリア代表)のレプリカ・ユニフォームをもらい表彰されてレベルの高さを実証した。

語学学校で英語を勉強しU16だけでなく、U14の練習にも参加し、私の家族とも一緒にクラブのファーストチーム(セミプロ)の試合も観戦し、英語やこちらでの生活にも慣れてきたようで、近い将来に長期でのサッカー留学に挑戦したいと意欲を燃やしていた。
d0138104_0524187.jpg

by sunsetdreams | 2012-08-03 23:18
パースのサイクリング イーストパース、メイランズ、バーズウッド、サウスパース
パースが年間で最も寒くなる7月の前半、素晴らしい快晴の日曜に家族でスワンリバー沿いをサイクリングしてきた。

ヴィクトリア・パークの川沿いに車を停め、コーズウェイを渡り、イーストパースの高級住宅地や新しい開発地域を通りスワンリバー上流方面へ。
d0138104_0363617.jpg

メイランズには12年ほど前に半年暮したことがあり、当時もよく川沿いを散歩したが、イーストパース・メイランズ間は歩いたことはなく、勿論自転車で走るのも初めてなので知らない景色や公園もあり新鮮で嬉しかった。
d0138104_037373.jpg

d0138104_0383762.jpg

途中で車道の下にある自転車と歩行者用の道がある橋を渡り、
d0138104_0393972.jpg

反対側のバーズウッド方面を走ると、ゴルフ場やカジノ、5スターホテルもあり、天気も良いのでさすがに結構人がいて賑わっていた。
d0138104_0402210.jpg

d0138104_0404874.jpg

スタートしたヴィクトリア・パークを通り過ぎ、
サウスパースまで行き、パースの素晴らしい景色が見渡せるカフェでアイスクリームを食べて、再度ヴィクトリア・パークに戻り、ちょっとサッカーして帰ってきた。
d0138104_0425895.jpg

ほとんどが車道沿いではない散歩と自転車専用道なので安全で景色も良く、全長約9~10km程度で街からも近いので誰でも簡単に楽しめる手頃なコースだ。
d0138104_0432072.jpg

by sunsetdreams | 2012-07-15 22:07