西オーストラリア パースからこんにちは!
by sunsetdreams
ホームページへGO! >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
西オーストラリアの風に吹かれて
西オーストラリアのパースからこんにちは。
西オーストラリアで留学したり、旅行したり、暮らしたり・・・西オーストラリアを訪れる人は
どうして西オーストラリアなのか誰でも何らかの理由やきっかけがあるのだと思う。

私の場合は西オーストラリア、特にパースの南280kmにあるマーガレット・リバーの波と
風に憧れたのがきっかけだった。
ウェイブセイリング(波の中でするウインドサーフィン)というスポーツにはまっていた私が、
初めて西オーストラリアにやってきたのは1988年のことだ。

ハワイのトレードウインド(貿易風)と並んで、西オーストラリアのアフタヌーン・シーブリーズ
はウインドサーファーやヨットマンにとって当時から世界的に有名だった。
ウェイブセイリングを楽しむには、きれいな波が入る場所で、安定した風が理想的には
ビーチと並行に吹いているという地形的・気象的に限られた条件が必要になる。
多くのサーフィンのポイントでは良い波が入るが、そこにうまく風が入るかが大きな問題に
なるので、究極的には波と風のコンディションが良い場所に住むしかない??
ローカルの中にはオーストラリア国内をはじめ世界のあちこちから西オーストラリアに
移住してしまったウインドサーファーも多い。

10月から3月の間、日中西オーストラリア内陸の温度が急激に上がり、インド洋の水温が
低い為に生じる温度差のおかげで、午後からさわやかなシーブリーズが吹き始める。
夏の暑い日に、午後になると南西から吹いてくる涼しい海風はフリーマントル・ドクターと
呼ばれ、とても心地良く、人々を癒してくれる。
シーブリーズが吹いている日は一般的に気温がそれほど上がらず、ハエも目立たず、
さわやかな1日になることが多く、朝晩の気温も下がり、夕方ビーチに行くと寒く感じる
こともあるぐらいだ。
フリーマントル・ドクターなしでは、西オーストラリアはハエだらけのただひたすら暑い過酷な
大陸になってしまうかもしれない。

20年前も今も、このさわやかなシーブリーズに吹かれるのはとても気持ち良く、私にとって
フリーマントル・ドクターとの出会いは、その後西オーストラリアで永住することになる大きな
きっかけのひとつになった。
by sunsetdreams | 2008-03-13 13:27
<< Mandurah(マンジュラ)