西オーストラリア パースからこんにちは!
by sunsetdreams
ホームページへGO! >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
西オーストラリアからバリへ
西オーストラリアはオーストラリア最大の州で国土の3分の1を占める程(日本の7倍)広大な州だが、東部各州とは時差もあり、かなりの距離があるうえ、国内線の費用も高く免税品もなく、物価も高いので、昔から地元の人達のホリデーの行き先としてものすごい人気を保ち続けているのがご存知インドネシアのバリ島だ。

昔の同僚で7ヶ月に渡りルームメイトだったのがバリニーズで当時は彼からよくバリの話を聞いていたし、個人的に東南アジアは昔から結構好きで、バックパックを担ぎあちこちをまわったが、バリやジャカルタ等インドネシアは乗り継ぎで4・5回ほど、全て空港内のみだった。

パースから3時間半で行ける手軽さなので、典型的なオージーは海外旅行なのにタンクトップと半ズボンにビーチサンダルという超普段着のまま飛行機に乗り込んでしまう。

オーストラリアと比較して未だに物価が安いということもあり、美味しい料理や買い物を楽しんだり、あちこち観光したり、リゾートでくつろいだり、皆様々なスタイルでホリデーを満喫している。
80年代後半からの付き合いになる友人のオージー女性は20年ほど前にバリが好きになり、ジャワ出身でバリ在住の画家と結婚し、自らも画家となり、音楽を愛し、今も芸術家が多い内陸部のウブドでアトリエを持ち自然体で暮している。

去年を含め、これまで何回もパースで個展を開いていて、再会する度にバリに来いと言われていたが、今回やっと実現できた。
d0138104_1315878.jpg

観光が主要産業なのでウブドでさえ人が増え、昔とは随分変わってきたそうだが、アトリエや街から離れたところにある彼女のお気に入りのスポットを案内してくれた。
古い石の壁に刻まれた彫刻が印象的で川の流れる音のするその場所は周囲の緑の森と調和していて心が落ち着いた。
d0138104_1323324.jpg

昔ながらの生活を続けるその村の子供達と遭遇し、美味しいランチを食べた後、再度アトリエに戻り、まだまだゆっくりしたかったのだが、夕陽をバックに行われるケチャック・ダンスで有名なウルワツ寺院に行く為に急いで出発した。

ウルワツ寺院がある絶壁からの景色や夕陽もきれいで、ダンスもストーリーがあり結構楽しめた。
d0138104_1333363.jpg

d0138104_13443.jpg

d0138104_1342162.jpg

前日のホテルに続き、その晩もビーチ沿いのレストランで女性によるレゴン・ダンスがあり、バリ女性の踊る姿と独特の音楽が印象的だった。
d0138104_134596.jpg

滞在したリゾートも快適で、甘い香りのする庭園が素晴らしかったのだが、よく見ると何と我が家にもあるバリ原産の植物が8種類ほどあることに気づき、おそらく私達の前のオーナーがバリ好きだったのだろうと思い、何となくバリと繋がっているような気がして嬉しくなった。
d0138104_1354630.jpg

[PR]
by sunsetdreams | 2012-09-27 01:37
オーストラリアで最も失業率が低... >>