西オーストラリア パースからこんにちは!
by sunsetdreams
ホームページへGO! >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
パース・グローリー対セントラルコースト・マリナーズ
今シーズン残り3試合となったオーストラリアのプロサッカー、Aリーグで現在4位の地元パース・グローリーが首位のセントラルコースト・マリナーズをホームに迎えた。

仙台のサッカー強豪校の15歳の選手が7週間のサッカー留学の為に前日パースに到着し、奇しくも東日本大震災の1周年記念日の3月11日、私の家族と一緒に試合観戦に行ってきた。

暦のうえで南半球の3月は秋だが、当日は珍しく41℃の猛暑となり、雪の積もる仙台との温度差のギャップは強烈だったが、湿度が低い為、日本で考える41℃とは異なり、日陰では比較的何とかなるもので、実際今回彼が所属するサッカークラブのチームメイト宅にホームステイしていて、早くもその日の午前中に一緒にサッカーしてきたそうだ。

とは言え、ナイターならともかく4:30キックオフということで暑さの為か観衆はいつもより少なく、特に前半は試合中に給水の休憩もあったのだが、選手も大変だったと思う。
首位を走るマリナーズは4日前にアジア・チャンピオンズ・リーグで中国でのアウェーゲームを戦った後の西オーストラリアへの遠征なので移動距離も長いうえ、当日の暑さもあり、コンディション的にも厳しかっただろうが・・・相手キーパーのミスからラッキーなゴールで先制したグローリーが有利に試合を進め1-0でハーフタイムを迎えた。
d0138104_2220713.jpg

後半はピッチのほとんどが日陰になってきたので、両チームとも動きが良くなり、一進一退の攻防が続いたが、全体的にはグローリーが押しながら結局そのまま試合終了となり、勝ったグローリーは3位に上がり、2試合を残し首位マリナーズとの勝ち点差を5に縮めた。
d0138104_22213844.jpg

サッカーに限らず、ほとんどのスポーツで通常のリーグ終了後に上位チームによるオーストラリア特有のファイナル・シリーズ(プレーオフ)がある。
Aリーグの場合、6位で終ったチームが敗者復活戦のように勝ち上がり優勝することも可能だが、やはりホームで試合できる利点がある上位チームが優位であることに変わりはないので、後2試合で1つでも順位を上げられるといいのだが・・・.。
最終的に2位以内に入ることで来年のアジア・チャンピオンズリーグに出れれば、パースにもJリーグのチームがやってくるし、グローリーも日本をはじめアジアの強豪チームとホーム&アウェーの試合ができるし、クラブ・ワールドカップ出場を目指して頑張ってほしいところだ。
d0138104_22222238.jpg

by sunsetdreams | 2012-03-12 21:58
<< オーストラリアで最も高い住宅地... オーストラリア対日本 >>