西オーストラリア パースからこんにちは!
by sunsetdreams
ホームページへGO! >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
ひょうの嵐
3月22日(月)の午後遅くから夕方にパースでストームがあり、歴史上最悪な被害が出て、日本でも報道があったようで、結構多くの方からご心配いただいた。
去年の10月頃からほとんど雨が降ってなかったので、そろそろ雨が必要だと誰もが感じていたところにやっと待望の雨が降ると期待されていたが、まさか短時間のうちに3月末までの平均降雨量を上回る雨やゴルフボール大のひょうが降ってきたので、驚きを通り越し、怖いぐらいだった。

大きなひょうが窓に激しく当たる音が響き、窓が割れることを恐れていたが、幸い何とか大丈夫だった。
けれどもパゴラ(外のエンターテーメント・エリア)の屋根は穴だらけになってしまい、大雨で家の中も窓と天井から多少雨漏りもあり、外は大きな木の枝が何本か折れていたが、運良く落ちた場所周辺のダメージは少なかった。

翌日以降、近所でも浸水でカーペット、家具その他を外に出していたり、屋根にブルーシートをかぶせていたり、あちこちで大きな木の枝が折れていたり、車がでこぼこになってるだけでなく、窓ガラスが割れてなくなっていたり・・・ストームの激しさを物語っていた。

地域によっては3日間停電が続いたり、すぐ近くの高校を含む学校12校が閉鎖したり、病院、大学、その他もかなりの被害がでて、保険会社も対応しきれず、車の修理には最長2年待たされるかもしれないとか、今回の被害による保険の請求額はA$900millionに達するという話もでているようだ。

あんなに大きなひょうが大量に降ってきた光景を初めて見たが、もしその時に高速道路で走っていたり、車を運転してパニックになっていたと思うと怖くなる。
事故や大きな被害に合わないだけでも本当にラッキーだった!
by sunsetdreams | 2010-04-01 22:19
<< 11ヶ月振りの練習復帰と70歳... ヒラリーズ・ボートハーバーの夕陽 >>