西オーストラリア パースからこんにちは!
by sunsetdreams
ホームページへGO! >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
夕陽を追いかけてコテスローからシティービーチへ
先日お客さんとインド洋に沈む夕陽を見ることをハイライトに、パースの中心部からキングスパークを経てフリーマントルまでスワンリバー沿いを走り、今やオーストラリアで最も高い住宅地となったコテスローのビーチに着いた。
まだ夕陽まで少し余裕があったこと、その方が前にコテスローに来たことがあったことで、ちょっと写真を撮って、すぐにシティービーチに移動するということになった。

私がお客さんの写真を撮っていると、大きな帽子をかぶった優しそうなおじさんが笑顔で近づいてきて、気を使ってくれて私達の写真を撮ってくれることになった。
頼んでもいないのに海をバックに方角を変え3枚ほど撮ってくれたので、一応私も彼に同じことをオファーしたが、夕陽の写真を待っているので今は必要ないとのこと。
そこから会話が始まったのだが、だんだん夕陽が近づいてきていたので、申し訳ないが我々はシティービーチで夕陽を見るので、失礼して立ち去ろうとした。

「シティービーチはそんなに良いのか?インドから移民して15年住んでるが行ったことがない。」と話し、一緒に行きたいので、私達の車についてくるということになった。

そうこうしているうちに太陽がどんどん水平線に近づき、ハイライトとしてせっかくの夕陽を楽しみにしていたので間に合いますように!とはらはらし、結構あせりながらシティービーチまで車を走らせた。
ところが3台後ろを走っていた彼の車は信号で止まってしまい、我々も車を停めて待つことができるスペースがなく、すぐに追ってくるだろうし、とにかく夕陽は目前に迫っていたので、とりあえずビーチに向かった。
d0138104_23313957.jpg


その3日前にも数家族で集まりシティービーチでBBQしたばかりだったのだが、BBQしながら広い砂浜やプレイグランド、芝生で遊ぶ子供達を見渡せて、トイレやシャワーも近く、広大な無料駐車場があって、本当に素晴らしい。

もともと有名な高級住宅地でもあるが、ビーチにはレストランとカフェを除き、店がなくコテスローやスカボローのような派手さは全くなく、広々として落ち着いて、美しい。

毎年恒例のCity to Surfというパースの街からビーチへの市民マラソンのゴールであり、インド洋の津波による犠牲者を追悼する為、沢山の市民が集まり西オーストラリアとして祈りを捧げた場所でもある。

夕焼けで雲や空の色が刻々と変わっていく頃、オージーの家族やグループがBBQやピクニックを始めて、いつもどおり皆がとても楽しそうにしている。
平日でもビーチに来て夕陽を見ながらリラックスしている姿は西オーストラリアの象徴的なシーンでもある。

結局インド人のおじさんには会えなかったが、彼もシティービーチのどこかで同じ夕陽を見ていたのだと思う。
d0138104_2332516.jpg

by sunsetdreams | 2010-03-03 23:29
<< スカボローのプレイグランドからの夕陽 パース・グローリー 初めてのフ... >>